« 2008年6月 定例会のお知らせ | トップページ

タカラジェンヌが日本舞踊家になったわけ

異業種交流会 <ステップアップ97>
2008年 9月定例会のご案内

タイトル「タカラジェンヌが日本舞踊家になったわけ」
       ~日本文化とその魅力について~

   皆様、始めまして。花柳廸薫(はなやぎみちかおる)と申します。
今回のこの講演で、私自身が幼い頃から芸事に親しみ、その後
宝塚歌音楽学校で洋の東西を問わず、様々な芸事を習得し
宝塚歌劇団の舞台に立つ中で感じた様々な思いをお話しできれば
と思います。皆さんご興味をお持ちの宝塚の知られざる舞台裏の
お話し、そして日本舞踊の魅力について歴史を紐解きながら
お伝えできればと思います。質疑応答のお時間も取りますので、
この機会に日頃不思議に思われていたことなど、
ご質問いただければ幸いです。
では、皆様にお会いできます事を楽しみにしております。

           花柳廸薫(はなやぎみちかおる)

花柳廸薫(はなやぎみちかおる)プロフィール

NPO法人日本人のアイデンティティを育む会・紫薫子の会 代表理事 
社団法人日本舞踊協会正会員。

兵庫県神戸市出身。3歳より花柳流日本舞踊の手ほどきを受ける。
宝塚音楽学校首席入学。宝塚歌劇団退団後、花柳流師範資格を取得。
歴史街道推進協議会、関西フォーラムに参加したことを機に、
アメリカ(ワシントン、ミネアポリス、ニューヨーク)東南アジア
(インドネシア、シンガポール)にて舞踊公演を行うなど、ワーク
ショップや文化交流、結婚式、祝賀会、レセプション等の舞踊活動を
中心に、古典に基づく独自の舞踊活動を国内外で行う。
平成17年NPO法人日本人のアイデンティティを育む会・紫薫子の会
(しくんしのかい)を設立。日本舞踊のみならず、日常生活から消え
行こうとしている日本伝統文化に警鐘を鳴らし、啓蒙普及活動を
ライフワークとして本格的な取組みを始動。
平成20年度はNPO紫薫子の会の活動として、「美しい所作と着付け
講座」の定期開講、文化庁委嘱事業「伝統文化こども教室」、イタ
リア「ニッポニカフェスティバル」参加等を予定。和の文化を伝え
学ぶ学校「和守」(仮称)の設立を目指し今後も活動を行う。

開催日時:2008年 9月26日 金曜日 19時から21時
開催場所:新橋 生涯学習センター 305学習室
        JR新橋駅下車 烏森口徒歩3分
         〒105-0004 港区新橋3-16-3
        電話 03-3431-1606
        http://www.kissport.or.jp/sisetu/syougai/

皆様 当日は 日本の魅力について おおいに 語りましょう

|

« 2008年6月 定例会のお知らせ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509017/42047725

この記事へのトラックバック一覧です: タカラジェンヌが日本舞踊家になったわけ:

« 2008年6月 定例会のお知らせ | トップページ