« 5月合同定例会のお知らせ | トップページ | 2008年6月 定例会のお知らせ »

川島昭恵さんの語り★5月、6月の予定

川島昭恵さんのことは あまり知りませんが

一度 「葉っぱのフレディ」を 聞かせていただいて 

いっぺんにファンになりました 

ぜひ 一度 聞いてみてください 

きっと 障害を持っている人にも 生きていく道があり 

その努力の成果に 圧倒されることと思います 

あなたも感動を味わってみませんか

以下は 川島さんからのお誘いのメールです

  川島昭恵です。
  目まぐるしく季節が行ったり来たりするような忙しい天候が続いていますが、
  、お元気でいらっしゃいますか?
  天気予報を聞いて頭に予め予告したつもりでも、
  翌日の急な温度の上がり下がりに体はうまくついていけなくて、
  思わず風邪を引いてしまいそうになります。
  情報を知っていても、なんと人間は惑わされやすいのでしょう?
  にも関わらず、こんな大揺れを繰り返しながらも、季節が迷わないで
  着実に進んでいくことに不思議さを感じます。
  カレンダーにも天気予報にも頼らないのに、自然の営みは本当にすごいです。
  さて、5月と6月の音金のお知らせです。
  日常の煩わしさはしばし置いといて、
  物語の世界をご一緒にのんびりと過ごしませんか?
  心よりお待ちしております。
 5月11日日曜日は3時からのみの公演です。
  作品は、安房直子作「うさぎ屋のひみつ」
  杉みき子作「屋上できいた話」です。
  6月8日日曜日は3時からのみの公演となります。
  作品は、杉みき子作「坂みち」
  安房直子作「青い花」
  宮沢賢治作「セロ弾きのゴーシュ」です。
  チャージは、大人2100円、子供は1050円です。
  音や金時は西荻窪駅北口より徒歩3分くらい、
  杉並リハビリテーション病院の前の地下のライブハウスです。
  お店の電話は、03-5382-2020です。
  開場は、昼間が開演の30分前、夜の部は1時間前となります。
  ご注文により、昼間はお飲み物のみを、
  夜はお食事も召し上がれます。
  ネパール料理がとっても美味しいですよ。
  庭の片隅にいつ植えたかもまるで覚えの無いチューリップの花が
たった一つ咲きました。
  小さいけれど真っ赤で元気な花です。
  こんな所にいきなりどうしてだろう?
  そう言えば、思い出したことがありました。
  数年前に何本かのチューリップの鉢植えを頂き、
  花が終わったので母がその辺りに植え替えてそのままにしておいたのでした。
  あれから何度か春は巡ってきましたが花は咲かず、
  すっかり忘れていました。
  忘れている時、心の中にはその存在はあたかも無くなってしまったか
  のようですが、
  何かのきっかけにそこにあると気が付けた時、しまい忘れた記憶が
  ふっと蘇って来ることがあります。
  これは初めての出会いではなく、再会の喜びに近い気がします。
  今年、このチューリップに出会えたのは確かに初めてなのだけど、
  そのことが単なる偶然ではなくて、今回出会えるために意識もしない
  ところで導かれていたような気さへしてきます。
  チューリップは花が咲いたら、来年も咲いてもらうためには
  気の毒だけど咲き終わるのをまたずに切り取ってしまうことが必要
  なのだと教えてもらいました。
  球根に栄養を蓄えるためだそうです。
  なるほどと思いました。
  前回の時には切り取らずにずっと土に植えっぱなしにしておいたから、
  球根は翌年も翌々年も花を咲かすことができなかったのでしょう。
  花が咲かないから私たちはすっかり忘れていたのに、
  土の下では諦めないで次に咲くための備えを着々と続けていた。
  そう思うと、小さな花の命の力強さ、逞しさ、健気さに思わず
  拍手したくなります。
  期待されたり応援してくれる人がいると、
  きついことでもなんだか張り切って頑張れてしまうことがあります。
  私も時々、我ながらなかなかやるじゃんて気持ちになったりもします。
  でも、もしも見守って応援してくれている人をまるで感じることが
  できなかったら、
  きっと意気地なくぺちゃんこになってしまっていただろうなと
  思うことがあります。
  全くの一人ぼっちだったら、それだけで萎れてしまいそうな気がします。
  チューリップは本当にえらいです。
  暗い土の下で、誰にも顧みられないで、
  それでも自分の命を丁寧に精一杯生きてきた。
  でも、きっとチューリップだって、土を通して伝わってくる太陽の温度や、
  土の中でやはり蠢いている虫や微生物などのもっと小さな命や
  その他いろんな働きに促されたり助けられたりしながら、
  ついに今年花を咲かすことができたのでしょう。
  命は他の命に助けられて支えられて生きていくのでしょう。
  人も花も一緒なのでしょうね。
  お互いがこの地球に今居合わせた命であることをもっと強く
  意識して生きることができたら、
  いろんなことがもっともっと希望に繋がっていくような予感がします。

|

« 5月合同定例会のお知らせ | トップページ | 2008年6月 定例会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月合同定例会のお知らせ | トップページ | 2008年6月 定例会のお知らせ »